2014年オーダー作品

ジャズベース型キーケース

bb1024型ピックケース

 

バンドをやっている彼氏さんとご自分へのプレゼントということでオーダーをいただきました。

早速使って頂いているというご報告をいただいております。

T様有り難うございました。

ピックケース


随分と初期の作品が出て参りました。

ワイルドターキーというバーボンウイスキーのオマケでついていた革のメモ帳カバーを解体し、コインケース発進で作ったのに革が厚すぎてあまりコインが入らず音叉を固定する所を作ってピックケースにしたもの。

この頃はまだ菱目打ちも使っておりませんでした。懐かしい。

音叉の差し込み部分は、使いやすくてロゴが傷つかないものと決めてこだわっておりました。

ピックケース


テレキャスターをモデルにしたピックケースです。

なかなか人気が出てきました。

N様ありがとうございます。

猫の首輪


2014年4月、屋根裏で生まれ実家の飼い猫となったさくら嬢の首輪を作る。

作って早1ヶ月、ようやく慣れていただいたようです。

クラッチバッグ

 

今回は従姉から伯父の誕生日プレゼントの注文が入りまして、初フルジップの初クラッチバッグ!

長く使い込めるようにしっかりした作りに仕上げております。

今年の5月頃から革教室で取り掛かっていた初バッグ制作。

型紙作りからやり始め、先日とうとう完成致しました

 

今使っている大きめのボディバッグが使いづらい所が何点かあったので、同じ位の大きさ、同じようなデザインでやってみました。

ちょっとデカ目になりましたが・・・

防水スプレー吹きかけて今年の冬から使います!

白ベースヘッドのキーケース

 

ヘッドキーケースのベースの物が欲しいとのことでしたので、大きめのカシメを使用しました。

この白い革は焼き印の色があまりいい色に出ないので刻印でさせていただいております。

小さい財布もお買い上げ頂きました。

リッケンバッカーモデルのキーケース2種

 

この画象でお願いします。と渡された画象のアーティストがどなたなのか勉強不足で存じ上げませんでしたが、とにかくリッケンバッカーがお好きとのことで、ボディタイプとヘッドのタイプの2種類のオーダーを頂きました。

 

実物はあまり見たことがなかったのですが、細部までこだわり抜きました。

ジャズマスタータイプのキーケース

 

ピックガードの鼈甲模様まで再現を試みたのですがあえなく断念・・・。

少々心残りです。

画象はお客様から頂きました。

並べて頂けると嬉しいですね。

ストラトタイプのキーケース

 

出店させていただいたイベントメリールーミーvol.1!

会場となった御縁屋2F店のマスターれぼ哲さんの誕生月イベントでした。
おめでとうございます!ということでイベント当日贈らせて頂きました。

革折り鶴

 

その名の通り革で折った折り鶴です。

折り鶴とバンドと音楽をこよなく愛する我が弟の誕生日プレゼントとして贈呈しました。

北九州のバンドノンフィクションの物販に並ぶ予定。

オイルライターケース

 

サイズぴったりで鍵と一緒にキーリングに付けられるライターのケースのご依頼。

ウォーターフォーミングなる技法を利用してサイズぴったりのものが出来上がりました。

福岡でabout a ROOMというバンド名で活動されている方なので刻印でバンド名を入れさせて頂きました。

煙草ケース

 

シンプルな煙草ケースとのことでご依頼をうけました。

ウエスタンチックな雰囲気が漂っておりますが、煙草と100円ライター(物によりますが・・・)がぴったり入るように調節しております。

こちらも福岡で活動されているabout a ROOMのメンバーの方なので、刻印でバンド名を入れさせて頂きました。

猫キーケース

 

黒猫キーケースとして出していた作品を、お気に入りの猫の模様で作って欲しいとのオーダーを頂きました。
可愛らしく出来ております。

モデルになった猫さんとのツーショットの写真も頂きました。

二つ折り財布

 

とにかくカードが沢山入る財布が欲しいとのオーダーを頂きました。幾つかカードポケットを増やして作成。
奇妙な形の札ポケットにしてあるので、独自の使い方で楽しんでいただければと思います。

足跡パスケース

 

オーダーというか、母君への母の日のプレゼント。

いろんな色で量産思案中。

フルアコタイプのキーケース

 

フルアコタイプのギターキーケース。

グラデーションをかけてみたり、fホールを空けてみたりと新しいことを取り入れてみました。
なかなかに満足頂き、ありがたい限りです。

長財布

 

後輩にオーダーを頂きました。

普通の長財布が欲しいとのことで何のギミックも付けず制作。

左利きのお客様でしたのでチャックを左右逆にして左利き仕様にしました。

その後の左利き仕様の感想をお尋ねしたところ、

「あ、まぁ、はい、いいっすね」

あまり変わらないみたいですね。ありがとうございます。

鳴子チャーム

 

よさこいをしている知人から頼まれて作りました。

サイズは2×5cm。本物の1/3.5で作りました。

カチャカチャは鳴りませんが動くようにはこだわりました。

なにげに自信作です。

北九州のロックバンド「ノンフィクション」のグッズを焼印を発注し作成。

ノンフィクションのライブ会場の物販コーナーで手に入るかもしれません。ノンフィクションのLIVEに急げ!

ジャズベース型ピックケース

 

キーケースでなくピックケースを作って欲しいとのことで制作いたしました。お客様がお持ちの購入当初は真っ白だったベースが使い込んでアイボリーになったところまでなるべく寄せられるようにこだわりました。

ピックは4~5枚入るそうです。

写真はお客様からいただいたものを掲載しています。

カードウォレット

 

ポイントカード等等普段からかなり大量に持ち歩かれている方からのご注文でした。

白と黒のモノクロで制作したところ大変気に入っていただけました。

柔らかい革を使用したためひとつのポケットに何枚か入れることができ、40枚近くのカードをいれて使っていただいているとのことです。

エレキギター型キーケース

 

我が弟イイジタカヒロがバンマスを務める北九州のロックバンド「ノンフィクション」の初九州ツアーのために車を購入したとのことで、納車祝いに贈呈いたしました。

細かい木目の再現には木目のスタンプを使用したかったのですが、どうしても手に入らなかったので譜面のスタンプで再現いたしました。

これが思いのほか味がでて弟も感動してくれました。

今はギグバッグにつけて頂いているようです。

キーケース コウモリ

 

革の染色を始める前にコウモリキーケースの焦茶色が欲しいとのことで制作。

使用した革は栃木レザーの少し固めのモノを使用しています。

ブロマイドケース

 

HKTが好きな当時同じ職場だった方からご注文をいただきました。

表には推しメンの写真を、裏のポケットには公演チケットやちょっとした小銭が入るようにし、革紐で首から下げられるようにしました。

一本ペンケース

 

大切にしている万年筆。筆箱に他の物と一緒にいれて傷をつけたくないとの事でチャックもつけず、柔らかい革でパーカーのフードのようにかぶせる形で落ち着きました。

二つ折り財布

 

初の二つ折り財布。

スタンダードなものを作りました。

小さく見えて意外と必要な革の量が多くて驚いた思い出があります。

足跡パスケース

 

従姉妹が高校を卒業し、専門学校へ電車通学をするとのことで卒業祝いとして贈呈。

入れる定期やカードの色で足跡の色が変わるようになっています。

小銭入れ&キーケース

 

色は指定のもの、デザインは任せるとのことでしたので何度かの打ち合わせ後このデザインで決定いたしました。

キーケースは注文を頂いた方のお父様の還暦祝いとのことでしたので、薄めのしっとりした革を使用しました。割と直ぐに使用感が出てくると思います。

牛、馬、猫のキーホルダー

 

馬のキーホルダーは還暦のお祝いで干支の贈り物がしたかったとのことでした。

体の部分には革紐を使用し、垂れ下がった結び目が足みたいと好評でした。

ジャズベースエアロダイン キーケース

 

我が弟がバンマスのノンフィクションのベースマンが脱退するとのことで記念に贈呈。

恐竜オブジェ

 

初めて購入した革細工の本に載っていた型紙があったので作ってみました。

今は実家の玄関に鎮座しています。